引越し前後のハウスクリーニング!退去時の掃除方法を解説

query_builder 2024/02/17 ハウスクリーニング 賃貸
引越しや退去時、あなたはハウスクリーニングにどのように取り組んでいますか?誰もが経験するストレスフルなこの期間、掃除の手間を減らし、新たな生活をスムーズに始めるための方法を解説します。ハウスクリーニングの目的、費用、方法から、賃貸契約時のクリーニングまで詳しく見ていきましょう。

合同会社美-one

合同会社美-one

空間を清潔で快適に変えることを使命とするハウスクリーニングを東京で行なっております。経験豊かな職人の高い技術により、ご満足いただける仕事を提供します。お客様の豊かなライフスタイルをサポートいたします。

合同会社美-one
住所:

〒193-0801

東京都八王子市川口町1758-8

会社固定:
042-654-5390

ハウスクリーニングの目的とは?

ご自身の家をスッキリと保つことは、引越しや退去時に特に重要となります。このセクションでは、ハウスクリーニングが果たす重要な役割を見ていきましょう。

心地よい新生活をスタート

ハウスクリーニングを行うことによって、心地よい新生活をスタートすることができます。引越しや退去時、部屋が散らかっていたり汚れていると、新しい生活を始める前からストレスを感じてしまいます。しかし、ハウスクリーニングをしっかり行うことで、部屋は整理され清潔な状態になります。その結果、新しい家に移り住む際には気持ちよく新生活をスタートすることができます。例えば、クローゼットの中を整理し、使わないものを処分することでスペースを確保したり、床や壁をしっかりと掃除することで部屋全体が明るく清潔になるでしょう。さらに、キッチンやバスルームなどの共用スペースもきちんと掃除し、自分の家に引っ越してきたかのような気分で使うことができます。心地よい新生活をスタートさせるためには、ハウスクリーニングが欠かせません。退去時にも同様で、清掃が行き届いた部屋の引き渡しはトラブルを避けるためにも重要です。ハウスクリーニングを通じて、快適で清潔な新生活を手に入れましょう。

退去時のトラブル回避

ハウスクリーニングは、退去時に発生する可能性のあるトラブル回避にも役立つ重要なプロセスです。退去時には、契約書に基づいて部屋を元の状態に戻すことが求められます。しかし、適切なハウスクリーニングが行われていないと、家主や物件管理会社との間で問題が生じることがあります。

例えば、床や壁に汚れや傷が残っていたり、キッチンやバスルームの掃除が不十分だったりすると、修復費用が発生する可能性があります。また、共用スペースやエントランスの清掃が行き届いていない場合、他の入居者とのトラブルを招くこともあります。

退去時のハウスクリーニングは、しっかりと時間をかけて丁寧に行うことが重要です。必要な道具や洗剤を準備し、部屋全体を徹底的に清掃しましょう。床や壁の汚れを落とし、窓や鏡をピカピカに磨き上げることはもちろん、キッチンやバスルームの換気扇やタイルの隙間なども忘れずに掃除しましょう。

退去時のハウスクリーニングに時間と手間をかけることは、後々のトラブルを回避するために必要なことです。また、清潔な状態で部屋を返すことは、新たな入居者にとっても快適な生活のスタートにつながります。

ハウスクリーニングをしっかり行うことで、退去時のトラブルを回避し、円滑な引き渡しを実現しましょう。正確な内容を把握して、適切なハウスクリーニングを行うことが大切です。

ハウスクリーニングの費用と相場

ハウスクリーニングをプロに任せる場合、その費用はどの程度か気になるところです。ここでは、一般的なハウスクリーニングの費用と相場について見ていきましょう。

一般的なハウスクリーニングの費用

ハウスクリーニングをプロに依頼する場合、その費用について気になる方も多いでしょう。一般的なハウスクリーニングの費用について見ていきましょう。

ハウスクリーニングの費用は、クリーニング業者によって異なることがありますが、標準的なハウスクリーニングサービスの費用は一般的に数万円程度と考えられます。これは、一部屋から数部屋の住宅まで、広範囲なクリーニングを含んだ料金です。

ポイントとしては、クリーニング作業の内容や大きさ、エリアによって費用が変動することを覚えておきましょう。例えば、床や窓、キッチン、バスルームなど、クリーニングする箇所の数や広さによって費用が変わる可能性があります。また、汚れの程度や特殊な処理が必要な場合も、追加料金が発生することがあります。

その他にも、地域やクリーニング業者の競争状況、季節によっても費用は変動することがあります。一般的には、クリーニング業者に見積もりを依頼し、自分の要望や物件の状態に応じた費用を確認することが重要です。

ハウスクリーニングの費用は、クリーニングの範囲や作業内容によって異なるため、目安としては一般的な金額を頭に入れつつ、具体的な見積もりを事前に取ることがおすすめです。費用に関しては、価格だけでなく、クリーニングの品質や信頼性も重要な要素として考慮しましょう。慎重な選択をして、適切なハウスクリーニング業者を選ぶことが大切です。

費用に影響する要素

ハウスクリーニングの費用は、物件の広さや汚れの程度、クリーニングの箇所などによって影響を受けます。具体的な要素について見ていきましょう。

まず、物件の広さは費用に大きく影響します。広い部屋や複数の部屋をクリーニングする場合は、作業にかかる時間や労力が増えるため、費用も高くなる傾向があります。また、階数や廊下の清掃など、共有スペースも追加の費用がかかることがあります。

次に、汚れの程度も費用に影響を与えます。普段の日常清掃が行き届いている場合や新築物件の場合は、比較的短時間でのクリーニングが可能なため、費用も抑えられることがあります。一方、長期間の不在やペットの飼育などによって汚れが蓄積されている場合は、追加の手間や特殊な処理が必要となるため、費用が高くなることがあります。

また、クリーニングの箇所によっても費用が異なります。例えば、キッチンやバスルームなどの特に汚れや臭いが気になる箇所は、専門知識や特殊な洗剤を使用する必要があるため、費用が高くなることがあります。また、窓やカーテン、家具のクリーニングなど、特殊な作業が必要な場合も費用が増えることがあります。

以上の要素を踏まえると、ハウスクリーニングの費用は様々な要素によって変動することがわかります。具体的な見積もりを依頼する際には、物件の状態やクリーニングの希望内容を正確に伝えることが大切です。クリーニング業者とのコミュニケーションをしっかりと取りながら、適切な費用を把握してハウスクリーニングを進めましょう。

ハウスクリーニングの頼むタイミング

では、ハウスクリーニングを頼む最適なタイミングとは何時でしょうか?ここでは、それについて述べていきます。

入退居時がベスト

一般的に、ハウスクリーニングは引越しや退去が完全に終了した後、次の住人が入る前が最適なタイミングとされています。つまり、入居時や退去時に行うことが推奨されています。

入居時にハウスクリーニングを行うことで、新しい生活をスタートする前から清潔で快適な環境を作ることができます。部屋全体を徹底的に掃除し、床や壁の汚れを取り除くだけでなく、エアコンや換気扇の掃除、キッチンやバスルームの消毒など、クリーニングの範囲は広くなることがあります。入居時のハウスクリーニングによって、新しい生活が快適に始まることは間違いありません。

また、退去時にもハウスクリーニングを行うことが重要です。退去時には、契約書に基づいて部屋を元の状態に戻すことが求められます。きちんと清掃が行われた部屋を引き渡すことで、家主や物件管理会社との間でトラブルを回避することができます。退去時のハウスクリーニングでは、床や壁、キッチン、バスルームなどの共用スペースを十分に清掃し、部屋全体を整理整頓しておくことが重要です。

入退居時にハウスクリーニングを行うことで、新たな生活へのスムーズな移行やトラブル回避につながります。部屋が清潔で整頓された状態で新しい入居者が入ることや、退去時には手続きをスムーズに進められることは、すべての関係者にとってメリットです。ハウスクリーニングは入退居時に行うことがベストです。

進行状況を見て

ただし、引越しの進行状況によっては、途中でクリーニングを頼むことも一つの選択肢です。引越し作業がまだ進んでいる段階であれば、荷物や家具がまだ置かれていない空間を有効活用して、クリーニング作業を進めることができます。特に、床や壁、窓など、後でアクセスしづらくなる箇所を優先して掃除することが重要です。

引越し作業の進行状況によっては、クリーニングを頼むタイミングを調整する必要があることも考慮すべきです。クリーニング業者とのコミュニケーションを大切にして、引越し作業とクリーニングのスケジュールを調整することで、効率的に進めることができます。特に、引越し日の前日や当日にクリーニングが行われることもありますが、十分な時間的余裕を持ち、引越し作業の流れに適切に調整する必要があります。

また、一部の作業や重要な箇所だけをクリーニング依頼する選択肢もあります。特に、時間的な制約や予算の都合などがある場合には、特定の箇所を重点的にクリーニングすることができます。例えば、キッチンやバスルームなどの水回りや、目につく場所の掃除に重点を置くなど、自分の優先順位に合わせて適切なクリーニング作業を進めることができます。

進行状況を見てクリーニングを行う際には、予めクリーニング業者との契約内容やスケジュールを明確にすることが重要です。引越し作業とクリーニング作業をスムーズに調整し、新しい生活を快適にスタートさせるための準備を整えましょう。一つ一つの作業を柔軟に調整することで、効率的なハウスクリーニングを実現できます。

プロが行うハウスクリーニングの流れ

ハウスクリーニングのプロが一般的にどのような流れで作業を行うのかを見ていきましょう。

事前調査・見積もり

ハウスクリーニングのプロが作業を行う際の一般的な流れを見ていきましょう。まず、事前調査と見積もりが重要なステップとなります。

プロのハウスクリーニング業者は、物件を確認し、必要なクリーニングの範囲を正確に把握するために事前調査を行います。これにより、どの程度の作業が必要か、どれくらいの時間と労力がかかるかを判断することができます。この事前調査では、床の種類や汚れの程度、壁や窓の状態、キッチンやバスルームなどのクリーニングする箇所を詳細に確認します。

事前調査が終わったら、業者は見積もりを出します。見積もりには、クリーニングの費用と作業にかかる時間を含めます。クリーニングの難易度や作業範囲、必要な洗剤や道具の種類などによって見積もりが異なることがあります。また、特殊な処理が必要な箇所や追加オプションなども見積もりに反映されます。

見積もりを受け取ったら、内容に納得したら正式な契約を結びます。契約内容には、作業内容、費用、作業日時、クリーニングの範囲などが含まれます。また、キャンセルポリシーや追加費用についても確認することが重要です。

事前調査と見積もりは、ハウスクリーニングのプロとクライアントとの間で正確な情報共有と合意形成を行うために欠かせません。これにより、作業の進行や費用の予測が正確になり、円滑なクリーニング作業が実現できます。

ハウスクリーニング業者との事前調査と見積もりの段階でしっかりとコミュニケーションを取り、要望や質問を適切に伝えましょう。お互いが納得した上で契約を進めれば、クリーニング作業の効率性と満足度が向上します。

クリーニング作業

見積もりが承認されれば、ハウスクリーニングのプロは予定された日に来てクリーニング作業を行います。ここでは、一般的なクリーニング作業の流れを見ていきましょう。

まず、クリーニング作業の開始前に、業者は必要な道具や洗剤を準備します。これには、掃除機、モップ、ブラシ、クリーナー、雑巾などが含まれます。さらに、特殊なクリーニング剤や機器が必要な場合もあります。

準備が整ったら、クリーニング作業が始まります。まずは床の掃除から始めることが一般的です。カーペットや畳の上のゴミやホコリを取り除き、床の表面を掃除機やモップできれいにします。次に、壁や天井の埃や汚れを除去します。特に目立つ汚れやシミがある場合には、専用のクリーナーを使いましょう。

また、キッチンやバスルームなどの水回りのクリーニングも重要です。シンクやコンロ、排水口などを徹底的に掃除し、水垢や汚れを落とします。バスタブやシャワー、トイレも綺麗に掃除し、消毒することが必要です。特に、水回りは衛生面や新たな入居者の安心感にも関わってくるため、徹底的なクリーニングが求められます。

最後に、窓や鏡、フレーム類などのガラス面を磨き上げ、全体的な清掃の確認を行います。クリーニングの漏れや見落としがないか、十分な仕上がりを確認しましょう。

クリーニング作業は、専門知識や技術、経験が必要なため、プロの手に任せることをおすすめします。業者によっては、作業中の写真の提供や報告を行うなど、途中経過を共有してくれる場合もあります。クリーニング作業が完了したら、最終的な清掃チェックを行い、綺麗な状態で物件を引き渡すことができます。

正確かつ効率的なクリーニング作業を通じて、快適で清潔な環境を作り上げましょう。業者とのコミュニケーションを大切にし、満足のいくクリーニング結果を得ることを目指しましょう。

DIYでのハウスクリーニングの進め方

プロに頼まず自分でハウスクリーニングを行いたい方もいるでしょう。その際の進め方を解説します。

必要な道具を準備

ハウスクリーニングをDIYで行う場合は、必要な道具を準備することが重要です。ここでは、DIYでハウスクリーニングを行う際に必要な道具について見ていきましょう。

まず、掃除用具としては、掃除機やモップ、ブラシ、雑巾などが必要です。床やカーペットの掃除には掃除機が便利で、床の拭き掃除にはモップや雑巾が役立ちます。ブラシは特定の箇所や頑固な汚れを取る際に使用しましょう。さらに、窓や鏡をきれいにするための窓用クリーナーやペーパータオルも用意しましょう。

また、効果的なクリーニングを行うためには、適切な洗剤も必要です。床や壁などの一般的な表面の掃除にはマルチクリーナーが便利です。さらに、キッチンやバスルームなどの頑固な汚れには専用の洗剤(台所用洗剤や浴室用洗剤)が効果的です。消臭効果のあるスプレーや除菌シートもあると便利です。

その他、必要な道具としては、ゴム手袋やエプロン、マスクなどの作業用品が挙げられます。このような作業用品を使うことで、清掃作業中の衛生面や安全面を確保することができます。

自分でハウスクリーニングを行う際には、部屋の広さや掃除する箇所に応じて、必要な道具と洗剤を準備しましょう。効率的に掃除を行うために、事前に必要な道具を揃えることが大切です。また、掃除作業中は労力を使うため、疲労対策や衛生対策にも気を配りましょう。

自身でハウスクリーニングを行う際は、適切な道具と洗剤の準備を忘れずに行い、清潔で快適な環境を手に入れましょう。

順序立てて作業

効率的にハウスクリーニングを進めるためには、作業を順序立てて進めることが重要です。ここでは、自身でハウスクリーニングを行う際の順序立てて作業する方法についてご紹介しましょう。

まずは、どの部屋から掃除を始めるかを決めましょう。一般的には、入口から順に掃除していく方法や、汚れや臭いの気になる箇所から優先的に掃除する方法などがあります。また、床から天井、奥から手前へと掃除する流れでも効率的です。自分に合った作業の進め方を選びましょう。

次に、各部屋ごとに掃除の順序を立てましょう。例えば、まずは床のゴミやホコリを掃除機やモップで取り除きます。次に、壁や窓の掃除、家具や家電の拭き掃除を行います。最後に、キッチンやバスルームなどの水回りの掃除を行いましょう。このような順序を立てて作業することで、クリーニングの効率が上がります。

また、細かい箇所や特殊な部分を忘れないようにしましょう。例えば、換気扇やエアコンのフィルター、窓の隙間、カーテンなども忘れずに掃除しましょう。これらの箇所にも汚れやホコリが蓄積されている場合があります。

そして、部屋ごとの掃除が完了したら、最後に共用スペースやエントランスなどの清掃を行いましょう。これによって、全体的な清潔感を保つことができます。

自身でハウスクリーニングを行う際には、作業を順序立てて進めることが大切です。効率的な掃除を実現するために、部屋ごとの掃除順序を決めて、細かい箇所も見逃さずに掃除しましょう。計画的な作業の進め方で、清潔な環境を手に入れることができます。

ハウスクリーニングのコツとポイント

ハウスクリーニングを行うにあたり、押さえておくべきコツとポイントをご紹介します。

時間の余裕を持つ

ハウスクリーニングを行う際には、時間の余裕を持つことが重要です。掃除作業には予想以上に時間がかかることがありますので、余裕を持って作業に取り組むことでストレスを軽減することができます。

まず、クリーニングの計画を立てる際には作業に必要な時間を見積もることが大切です。部屋の広さや掃除する範囲によって時間は異なるため、適切な時間配分を考える必要があります。大まかなスケジュールを作成し、作業にかかる時間を見積もりましょう。

さらに、作業中に予期せぬ問題や遅延が発生することも考慮しておく必要があります。特に、特殊な汚れや頑固なシミの処理に時間がかかる場合や、家具の移動に手間がかかる場合などがあります。余裕を持って時間を計画することで、予期しないトラブルにも柔軟に対応できます。

また、作業中は適度な休息を取ることも大切です。長時間の掃除作業は肉体的にも精神的にも負担がかかるため、こまめな休憩を挟むことで集中力をキープすることができます。疲労が溜まった状態では効率的な作業ができないため、適度な休息を取って体力を回復させましょう。

ハウスクリーニングでは時間の余裕を持つことで、作業の品質や効率性が向上します。急いで作業を進めることで手を抜いたり、見落としに気づかなかったりする可能性もあります。時間に余裕を持って作業を行うことで、細部まで丁寧に掃除することができ、満足のいく仕上がりを実現するでしょう。

ハウスクリーニングを行う際には、時間の余裕を持つことを心掛け、計画を立てて作業に取り組みましょう。時間配分と休息を大切にし、効率的な掃除作業を行うことで、清潔な環境を実現します。

途中での休息

長時間のハウスクリーニング作業は肉体的にも精神的にも疲れが溜まります。そのため、途中で適度な休息を取ることが重要です。ここでは、途中での休息の重要性と取り入れ方についてご紹介しましょう。

まず、長時間の作業に疲れが溜まってくると、集中力や効率が低下してしまいます。集中力が散漫になると、ミスや見落としが増える可能性があります。そのため、一定の時間ごとに休息を取ることで気持ちをリフレッシュし、集中力を維持することができます。

休息の頻度や時間は個人の好みや体力にもよるため、作業の進め方や自分の体調に合わせて調整しましょう。一般的には、60〜90分の作業後に10〜15分程度の休憩を取ると良いと言われています。また、休憩時間には水分補給やストレッチなど、リラックスできる活動を取り入れることもおすすめです。

休息の場所も大切です。作業場所から離れ、別の空間でリフレッシュすることで、作業のモチベーションも保たれます。軽い運動や深呼吸をして新鮮な空気を取り入れることも、気分転換に効果的です。

休息のタイミングや頻度は個人によって異なるため、自身の体調や作業に合わせて調整する必要があります。作業を無理せずに進めることで、ハウスクリーニングの効率性と品質が向上します。疲れをためずに取り組むことで、より充実した掃除作業を行うことができるでしょう。

ハウスクリーニング作業中は、途中で適度な休息を取ることを忘れずにしましょう。体力を温存しながら作業を進めることで、疲労感を軽減して効果的な掃除を実現します。休息を取り入れながら、快適なクリーニング作業を行いましょう。

賃貸契約時のハウスクリーニング

賃貸契約時には、入居者が退去後のハウスクリーニングを行うのが一般的です。しかし、具体的に何をどのように行えば良いのか、それについて見ていきましょう。

退去時の清掃範囲

賃貸契約時には、入居者が退去後のハウスクリーニングを行うのが一般的です。では、具体的に退去時にどのような清掃が求められるのでしょうか?ここでは、退去時の清掃範囲について見ていきましょう。

通常、退去時には室内全体の清掃が求められます。具体的には、キッチン、バス・トイレ、リビングルーム、寝室、廊下などの全ての部屋をきれいに掃除する必要があります。床や壁の汚れを取り除き、窓やガラスの拭き掃除を行いましょう。

キッチンでは、シンクやコンロ、キッチンカウンターなどの汚れを落とし、排水口や換気扇の掃除も忘れずに行います。バス・トイレでは、バスタブやシャワー、トイレボウルを綺麗に掃除し、消臭効果のある洗剤を使用して清潔さを保ちましょう。

また、フローリングやカーペットの掃除も欠かせません。フローリングは掃除機でしっかりと掃除し、カーペットは汚れが残らないようにクリーニング機器を使用するなど、適切な掃除方法を選びましょう。

さらに、物件管理会社やオーナーが指定している特定の箇所やアイテムに対しても、適切なメンテナンスや掃除を行う必要があります。例えば、照明器具や窓のカーテン、エアコンフィルターなども綺麗に清掃し、順当に動作する状態を保つようにしましょう。

退去時の清掃は、契約書や物件管理会社の指示に従って行われるべきです。清掃が完了したら、物件管理会社に退去の意向を伝え、退去日を決定します。

退去時の清掃は重要なプロセスであり、問題を回避するためにも注意が必要です。契約書やルールに従い、適切な清掃を行いましょう。これによって、円滑な引き渡しと次の入居者の満足度を実現できます。

退去時の手続き

室内の清掃が完了したら、次は退去時の手続きを行います。退去時の手続きは、物件管理会社とのコミュニケーションが重要です。具体的にどのような手続きが必要なのでしょうか?

まず、室内の清掃が完了したら、物件管理会社に退去の意向を伝えましょう。それに伴い、退去日の相談や確定を行います。退去日の決定には物件管理会社との間で合意が必要となります。また、退去の意向を伝える際には、契約書や退去に関するルールに基づいた手順を確認することも大切です。

退去時には、物件の状態や備品の有無などをチェックするため、立会いのもとでの最終確認が行われることがあります。この立会いには、物件管理会社のスタッフやドキュメントの代理人が参加することが一般的です。退去時の立会いは、物件の状態やクリーニングの完了状況の確認、鍵の親子扱いなどを行い、最終的な引渡しの手続きを行います。

立会い後、退去時の清掃や修繕に関する費用がかかる場合があります。これは、契約書や物件管理会社との間で合意したルールに従って請求や精算が行われます。正確な費用や手続きについては、物件管理会社とのコミュニケーションを通じて確認しましょう。

退去時の手続きは、円滑な引き渡しとトラブルの回避のために重要です。契約書やルールに基づいた手順を理解し、適切なタイミングで連絡や相談を行いましょう。物件管理会社とのコミュニケーションをしっかりと取り、退去手続きを円滑に進めることが大切です。

まとめ

この記事では、ハウスクリーニングについての様々な情報を提供しました。

ハウスクリーニングのメリット

適切なハウスクリーニングを行うことは、新しく始まる生活をスムーズにスタートするため、そして退去時のトラブルを防ぐために非常に重要です。ハウスクリーニングには以下のようなメリットがあります。

まず、心地よい新生活のスタートを実現することができます。ハウスクリーニングによって、乱雑な環境からスッキリとした環境へ移ることができます。新しい家に引っ越してきたかのような気分で、気持ちよく新生活をスタートすることができるでしょう。

また、ハウスクリーニングは退去時のトラブル回避にも役立ちます。退去時には、契約書に基づいた部屋の元の状態への戻しを求められます。適切なハウスクリーニングを行うことで、部屋が清潔で整理された状態に戻り、退去時のトラブルを防ぐことができます。

さらに、ハウスクリーニングは健康と衛生面にも関わっています。掃除によってホコリやアレルゲンなどの汚れが取り除かれることで、室内の空気質を改善することができます。清潔な環境に住むことは健康の維持にもつながります。

継続的なハウスクリーニングは、住環境を清潔で快適なものにするだけでなく、建物や設備の劣化を防ぐ効果もあります。汚れや傷みが放置されると、修繕費用が増えたり、入居者の安全に悪影響を及ぼしたりする可能性があります。定期的なクリーニングを行うことで、建物や設備の長寿命化にもつながります。

ハウスクリーニングは新しい生活のスタートや退去時のトラブル回避、健康と衛生面の維持、建物や設備の保護といったメリットがあります。定期的なクリーニングを心掛けることで、快適な住環境を維持しましょう。

ハウスクリーニングの進め方

ハウスクリーニングはプロに頼むことも、自身で行うことも可能です。どちらの方法を選んでも、以下のポイントを念頭に置いて進めると効果的です。まず、計画を立てて作業を進めましょう。部屋ごとに掃除の順序を決め、必要な道具や洗剤を準備します。また、時間の余裕を持って作業し、適度な休息を取ることも大切です。さらに、細かい箇所や特殊な部分も見落とさずに掃除しましょう。最後に、全体的な清掃の確認を行い、満足のいく仕上がりを目指しましょう。どのような方法を選んでも、ハウスクリーニングは自分の新生活をスタートさせるための重要なプロセスです。

合同会社美-one

合同会社美-one

空間を清潔で快適に変えることを使命とするハウスクリーニングを東京で行なっております。経験豊かな職人の高い技術により、ご満足いただける仕事を提供します。お客様の豊かなライフスタイルをサポートいたします。

合同会社美-one

〒193-0801

東京都八王子市川口町1758-8