換気扇クリーニングのステップバイステップガイド

query_builder 2024/05/17
換気扇クリーニングに挑戦したことはありますか?この記事では、自分で換気扇のクリーニングを行うためのヒントとテクニックを詳しく紹介します。エキスパートのアドバイスを得て、お家の換気扇をきれいに保ちましょう。

合同会社美-one

合同会社美-one

空間を清潔で快適に変えることを使命とするハウスクリーニングを東京で行なっております。経験豊かな職人の高い技術により、ご満足いただける仕事を提供します。お客様の豊かなライフスタイルをサポートいたします。

合同会社美-one
住所:

〒193-0801

東京都八王子市川口町1758-8

会社固定:
042-654-5390

換気扇クリーニングの大切さ

換気扇のクリーニングは、健康を守り、お料理をより楽しくするために重要な作業です。

なぜ換気扇クリーニングが必要なのか

換気扇クリーニングが必要な理由は、料理中の油煙や匂いを吸い出す役割を果たしているからです。長期間使用すると、換気扇には油やほこりなどの汚れが溜まります。これらの汚れが積み重なると、火災の原因となる可能性もあります。また、換気扇の汚れが放置されると、効率的な換気ができなくなってしまい、調理中の臭いや油煙が部屋中に広がってしまう恐れもあります。そのため、定期的な換気扇クリーニングが必要です。換気扇を清潔な状態に保つことは、健康を守り、快適な調理環境を作るために重要な作業なのです。

換気扇クリーニングのメリット

換気扇クリーニングのメリットは、換気扇の性能を向上させることです。汚れた換気扇は効率が低下し、十分な換気を行えなくなります。しかし、定期的なクリーニングを行うことで、換気扇の性能を最大限に引き出すことができます。清潔な換気扇は、油煙や臭いを効果的に吸い出すことができ、調理中の室内の環境を快適に保つことができます。

さらに、換気扇を定期的にクリーニングすることによって、長持ちさせることもできます。汚れたままの換気扇は、動作が鈍くなり故障しやすくなる可能性があります。しかし、クリーニングを行うことで、換気扇の動作をスムーズに保ち、寿命を延ばすことができます。これにより、無駄な修理費用を減らすことができるでしょう。

さらに、換気扇のクリーニングは火災防止にも繋がります。油やほこりが換気扇にたまると、それが引火して火災の原因になることがあります。定期的なクリーニングによって、換気扇の中の汚れを取り除くことで、火災のリスクを低減させることができるのです。

以上のように、定期的な換気扇クリーニングには多くのメリットがあります。性能の向上、長寿命化、火災防止などの面で換気扇のクリーニングは重要です。日常の生活において、清潔な換気扇を保つことは健康と安全を守るために欠かせません。

換気扇クリーニングの準備

換気扇クリーニングは手間がかかる作業の一つですが、事前の準備をしっかりすればスムーズに進めることができます。

必要な道具

換気扇クリーニングを行うためには、いくつかの道具が必要です。まずは、ほこり取り布が必要です。ほこりや汚れを取り除く際に使用します。また、スクラバーやブラシも必要です。これらの道具を使って換気扇の表面やフィルターを丁寧に掃除することができます。

さらに、洗剤も必要です。換気扇の汚れを落とすためには、専用の洗剤を使用することがおすすめです。洗剤は油を分解し、頑固な汚れを効果的に落とすことができます。ただし、揮発性のある洗剤を使用する場合は、換気が良い場所で作業しましょう。また、ゴム手袋を着用することで手を保護することも大切です。

さらに、ネジを外す際には適切な工具が必要です。換気扇のフィルターやカバーを外すためには、ドライバーなどの工具が必要です。ただし、作業する際には安全が最優先となるため、事前に電源を切っておくことや、手袋とゴーグルを身に着けるなどの安全対策をしっかりと行いましょう。

以上が、換気扇クリーニングに必要な道具です。道具を適切に用意することで、作業をスムーズに進めることができます。手間をかけて道具を揃え、お家の換気扇をきれいに保ちましょう。

安全対策

換気扇クリーニングを行う際には、安全対策をしっかりと行うことが非常に重要です。以下に、安全対策のポイントを紹介します。

まず第一に、換気扇のネジを外す際には、電源を切ることが必要です。換気扇が回転しないように、電源を確実に切断しましょう。また、作業中は周囲の電源も確認し、万が一の事故を防ぐために十分な注意を払いましょう。

さらに、ネジを外す際には適切な工具を使用して作業を行います。無理な力を加えると手や工具が滑ってしまう恐れがあるため、注意が必要です。工具を正しく使い、力の掛かり方にも注意を払いましょう。

また、換気扇のクリーニング作業中には、手袋とゴーグルを着用することも大切です。換気扇の内部には油やほこりが溜まっていることがあり、これらが目や皮膚に入ると不快感や刺激を引き起こす可能性があります。手袋とゴーグルを着用することで、作業中の安全を確保しましょう。

さらに、作業する場所には通気性が良い場所を選ぶことも重要です。特に、揮発性のある洗剤を使用する場合は、換気が十分に行われる場所で作業を行いましょう。窓を開けたり、換気扇を回すなど、風通しを確保することで、有害な物質が溜まることを防ぐことができます。

以上が、換気扇クリーニングにおける安全対策のポイントです。作業前には必ずこれらの対策を徹底し、安全に作業を行いましょう。自宅での換気扇クリーニングは手間がかかりますが、安全を確保しながら取り組むことで、クリーンな環境を実現することができます。

クリーニング手順

換気扇のクリーニングは一見複雑に見えますが、一つ一つ手順を丁寧に行えばそれほど難しくはありません。

換気扇フィルターの取り外し

換気扇のクリーニング作業の一つである、換気扇フィルターの取り外しについて説明します。

まずはフィルターを取り外す前に、換気扇の電源を切っておきましょう。安全が第一ですので、万が一の事故を防ぐために電源を確実に切断しましょう。

フィルターの取り外し方は、換気扇の型によって異なりますので、換気扇の説明書を確認しましょう。一般的には、フィルターは簡単に外すことができます。フィルターには、引っ掛け具やハンドルがついていることが多いですので、それらを利用して取り外してください。

ただし、フィルターが長い間使用されていたり、汚れが溜まっていたりすると、取り外すのが少し難しい場合もあります。そんなときは、ぬるま湯に漬け置くと汚れが浮いてくることがあります。十分に浸透させるために、数分から数十分程度を目安にしておくと良いでしょう。

フィルターを取り外したら、まずは大まかな汚れを取り除きましょう。手で揉んだり、ほこり取りブラシを使ったりして、フィルター上の油やほこりを落とします。フィルターの隅々までしっかりと掃除することがポイントです。

次に、フィルターを専用の洗剤で洗浄します。フィルターに洗剤を適量付け、一定時間浸透させておくと汚れが浮いてきます。その後、ブラシを使ってスクラブすることで、汚れをしっかりと取り除くことができます。洗剤の効果を最大限発揮させるために、十分に時間をかけましょう。

以上が、換気扇フィルターの取り外しと洗浄の手順です。フィルターは頻繁に汚れる部分なので、定期的なクリーニングを行うことで、換気扇の効果を最大限に引き出すことができます。ぜひ、手順を正確に行い、きれいなフィルターで快適な換気を実現しましょう。

フィルターの洗浄

フィルターを取り外したら、次は洗浄作業です。フィルターは油やほこりが付着しやすいため、しっかりと洗浄して汚れを落としましょう。

まずはフィルターから大まかな汚れを取り除きます。フィルターを水道やバケツの中に浸し、手でふるったり軽く振ったりすることで、油やほこりを落とします。この時、フィルターに強く力を加えないように注意しましょう。フィルターの形状を崩したり、破損したりする恐れがあります。

その後、フィルターを専用の洗剤で洗浄します。洗剤は油を分解し、頑固な汚れを効果的に落とすことができます。洗剤をフィルターに付け、軽く揉んだりブラシでこすることで、汚れをしっかりと浮かせます。また、フィルターが頑固に汚れている場合は、洗剤を十分に浸透させておくと効果的です。

洗浄が完了したら、フィルターをしっかりとすすぎます。水道水を使ってフィルター全体を十分に洗い流しましょう。洗剤や汚れが残っていると、後で使用する際に問題を引き起こすことがありますので、しっかりとすすぎましょう。

洗浄とすすぎが終わったら、フィルターをしっかりと乾かすことが大切です。水分を完全に取り除かないと、カビや臭いの発生原因となる恐れがあります。フィルターを十分に乾燥させるためには、陰干しするか、清潔な布で包んで水分を吸い取ると良いでしょう。

以上が、フィルターの洗浄手順です。フィルターは換気扇の効率的な動作を保つために欠かせない部分です。定期的な洗浄を行い、汚れを取り除くことで、換気効果を最大限に引き出すことができます。ぜひ、上記の手順を参考にして、清潔なフィルターを保ちましょう。

換気扇本体のクリーニング

フィルター同様、換気扇本体も定期的なクリーニングが必要です。

本体の洗浄方法

換気扇のフィルターをクリーニングしたら、次は本体の洗浄です。フィルターと同様に、換気扇本体も定期的なクリーニングが必要です。以下に、本体の洗浄方法について詳しく説明します。

まずは洗浄に適した柔らかい布を用意します。中性洗剤や洗浄液を使うこともありますが、一般的な油汚れやほこりの場合は、布だけでも十分に落とすことができます。

洗浄を始める前に、換気扇の電源を切断しましょう。電源を切っていないと、安全上のリスクが生じる可能性があります。また、電気部品が水濡れに弱いため、洗浄時には注意が必要です。

布を水または中性洗剤で湿らせた後、本体の表面に広げます。換気扇の表面に付着した油や汚れを、布で丁寧に拭き取ります。力を入れすぎて表面を傷つけないように注意しましょう。

特に油の気になる部分には、中性洗剤をたっぷりと使用すると効果的です。油汚れが頑固な場合は、少しずつ洗剤を付け足しながら、布でこすると良いでしょう。ただし、洗剤の使用量には適度な注意が必要です。過剰な洗剤使用や洗剤の残留は、換気扇の表面に影響を与える可能性があります。

電気部分の近くでの作業時には、特に注意が必要です。水濡れすると故障の原因になるため、水がかからないように気を付けましょう。電気部分の周辺を丁寧に拭き取る際には、慎重さが求められます。

以上が、換気扇本体の洗浄方法です。適切な布と洗剤を使い、表面の油や汚れを取り除きましょう。定期的な洗浄により、換気扇の清潔さを保つことができます。換気扇は火災予防や快適な調理環境を提供するために重要な役割を果たしていますので、忘れずにクリーニングを行いましょう。

電気部分のクリーニング

換気扇の本体を洗浄した後は、電気部分のクリーニングを行います。電気部品は水濡れに非常に敏感ですので、注意が必要です。以下に、電気部分のクリーニングについて詳しく説明します。

まずは専用のクリーナーを使用して、電気部分を丁寧に拭き取りましょう。専用のクリーナーは、しっかりと汚れを落とす効果があります。ただし、クリーナーを使用する際には、使用方法や注意事項をよく読んで適切に使いましょう。

クリーナーを含ませた布で、電気部分を優しく拭き取ります。特に注意が必要な部分は、スイッチやコードの周辺です。よく見落とされがちな部分ですが、ここにも汚れや油が付着していることがあります。布を使って丁寧に汚れを取り除きましょう。

ただし、水濡れに弱い電気部品については、乾いた布を使い、軽く拭くことをおすすめします。特に配線や接続部分などは、水分が入ると故障の原因になる恐れがありますので、慎重に扱いましょう。

電気部分のクリーニング中には、水やクリーナーが直接触れることがないように注意しましょう。また、電気部品周辺で作業を行う場合には、十分な注意が必要です。手が滑ったり誤って触れたりしないようにし、安全を確保しましょう。

洗浄が終わったら、乾いた布で電気部分を再度拭き取りましょう。残留した水分やクリーナーが残ると、故障やトラブルの原因になる可能性がありますので、確実に取り除きましょう。

以上が、電気部分のクリーニング手順です。電気部品は取り扱いに注意が必要ですが、適切にクリーニングすることで、換気扇の長寿命化や安全性の確保につながります。クリーニング作業を丁寧に行い、快適な調理環境を保ちましょう。

インナー部分の掃除

換気扇の内部も見逃すことなく清掃しましょう。

換気ダクトの掃除

換気扇の内部をきれいに保つためには、換気ダクトの掃除も重要です。以下に、換気ダクトの掃除方法について詳しく説明します。

まずは専用のダクト掃除用ブラシを用意します。ダクト内部には、油やほこりが付着していることがありますので、しっかりと掃除する必要があります。ブラシは、ダクト内部の隅々まで届くように設計されていますので、効果的に汚れを落とすことができます。

ダクト掃除用ブラシを使って、ダクト内部をクルクルと回しながら掃除します。ダクトの曲がり角やジョイント部分も忘れずに掃除しましょう。特に油の汚れが付きやすい箇所には、ブラシをしっかりと当ててこすると良いでしょう。

また、ダクトに大量の汚れやほこりが溜まっている場合は、専用のダクト掃除機や掃除ツールを利用すると効果的です。これらのツールを使うことで、より効率的にダクトを掃除することができます。

掃除作業中には、できるだけ集めた汚れが舞い上がらないように注意しましょう。マスクやゴーグルを着用することで、ほこりの吸引や目への刺激を軽減することができます。

ダクト掃除後は、ダクト内部に残った汚れを取り除くために、換気扇を数分間作動させましょう。これにより、ダクト内部の汚れが換気扇のフィルターに吸い込まれ、取り除かれることがあります。

以上が、換気ダクトの掃除方法です。定期的なダクトの掃除によって、換気扇の効率的な動作と清潔さを保つことができます。換気ダクトの掃除は、換気効果や衛生面の向上に直結しますので、こまめなメンテナンスを心がけましょう。

モーター部分の掃除

換気扇の内部をきれいに保つためには、モーター部分の掃除も重要です。モーターは換気扇の核となる部分であり、効率的な動作を維持するためにも清潔さを保つことが必要です。以下に、モーター部分の掃除方法について詳しく説明します。

まずは専用のモーター用クリーナーを用意します。モーターはデリケートな部品ですので、適切なクリーナーを使って洗浄することが重要です。モーター用クリーナーは、モーターに付着した油やほこりを効果的に取り除いてくれます。

モーター部分にクリーナーを噴霧し、布で丁寧に拭き取ります。モーターの周辺や隅々までしっかりと汚れを取り除くことで、効果的なクリーニングを行うことができます。ただし、モーター内部には直接クリーナーを噴霧しないように注意しましょう。

モーター部分は水濡れに非常に敏感ですので、水を使った洗浄は避けましょう。モーターに水が入ると故障の原因になる可能性があります。乾いた布で丁寧に拭くことで、汚れを取り除すことができます。

また、モーター部分の掃除をする際には、電源を切断し、安全に作業を行うことが重要です。電気部品に触れる際には特に注意しましょう。

掃除後は、モーターが完全に乾燥するまで待ちましょう。十分に乾燥させることで、モーターの効率的な動作を保つことができます。湿った状態で使用すると、故障やトラブルの原因になりかねませんので、しっかりと乾燥させることをおすすめします。

以上が、モーター部分の掃除方法です。モーターは換気扇の重要なパーツであり、清潔さを保つことで長期間の効果的な動作を維持することができます。定期的な掃除を行い、快適な換気環境を保ちましょう。

換気扇クリーニングの頻度

換気扇クリーニングの頻度はどれくらいが適切なのでしょうか?

家庭でのクリーニング頻度

家庭での換気扇のクリーニング頻度は、様々な要素によって異なりますが、一般的には1〜3ヶ月に1回が推奨されます。ただし、具体的なクリーニング頻度は、使用頻度や油料理の頻度、換気扇の汚れ具合などによって変わります。

例えば、日常的に料理をする場合や揚げ物をよくする場合は、換気扇に付着する油の量も多くなるため、クリーニングの頻度を増やすことが適しています。同様に、換気扇が脂っこい料理や強い匂いをよく吸い込む場所にある場合も、頻繁なクリーニングが重要です。

一方で、換気扇があまり使用されない場合や、特に油料理を行わない場合は、クリーニングの頻度を少し緩くすることもできます。ただし、長期間放置された換気扇の汚れは、頑固な汚れとなって取り除くのが難しくなることがありますので、定期的なメンテナンスを心がけることが重要です。

また、換気扇のクリーニング頻度は個々の状況により異なるため、あくまで参考程度と捉えてください。換気扇がどれくらい汚れているのか、換気効果が低下しているのかを目視で確認し、状況に応じてクリーニングのタイミングを判断しましょう。

最終的には、換気扇が常に清潔な状態であることが重要です。定期的なクリーニングによって、換気扇の効果を最大限に引き出し、調理中の油煙や臭いが室内に広がるのを防ぐことができます。清潔な環境を保つためにも、定期的な換気扇のクリーニングを行うことをおすすめします。

プロのサービスはいつ使うべきか

自分での換気扇のクリーニングが困難な場合や忙しくて時間を割けない場合は、プロの換気扇クリーニングサービスを利用すると便利です。

プロの換気扇クリーニングサービスでは、専門知識と経験豊富な技術者が作業を行います。彼らは効率的かつ確実にクリーニングを行うことができます。特に、高所に設置されている換気扇の掃除や、特殊なタイプの換気扇のクリーニングなど、難易度の高い作業にも対応することができます。

また、プロのサービスを利用することで時間の節約も図れます。クリーニング作業は手間と時間がかかりますが、プロの技術者は迅速な作業を行うことができます。自分で行う手間や時間を削減することで、他の重要なことに時間を割くことも可能です。

さらに、プロの換気扇クリーニングサービスは、適切なクリーニング方法や安全対策を提供してくれます。彼らは専門的な知識を持っており、クリーニングに必要な道具や洗剤を使い、安全に作業を行います。そのため、クリーニング中に発生する可能性のあるトラブルや事故を防ぐことができます。

ただし、プロのサービスを利用する際には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。口コミや評価を確認したり、信頼できる業者を選ぶために複数の見積もりを比較するなどの工夫が必要です。

自分自身で換気扇のクリーニングが難しい場合や時間を割けない場合は、プロの換気扇クリーニングサービスを利用することを考えてみてください。専門知識と経験を持った技術者が作業を行い、クリーンで効果的な換気扇を提供してくれます。

換気扇クリーニングのコツ

換気扇クリーニングの作業を円滑に進めるためには、いくつかのコツがあります。

汚れを浸透させる

換気扇クリーニングを効果的に行うためのコツとして、汚れを浸透させることが重要です。換気扇に付着した頑固な油汚れは、通常の拭き取りや洗浄だけではなかなか落とすことができません。そこで、以下に汚れを浸透させる方法を紹介します。

まずは洗剤を使用します。換気扇に油汚れがこびりついている場合は、分解能力の高い洗剤を使うことがおすすめです。洗剤を適量換気扇につけ、汚れがある箇所に集中的に塗布します。そして、洗剤がしっかりと浸透するように、少し時間をおいておきます。この待ち時間によって、洗剤が油汚れに浸透し、汚れを浮き上がらせる効果が期待できます。

時間を置いたら、ブラシやスポンジを使用して丁寧にこすると、汚れが浮き出してきます。特に頑固な汚れの場合は、力を入れずに優しくこすることがポイントです。力任せにこすると換気扇に傷をつけてしまうことがありますので、注意が必要です。

また、熱を利用する方法も効果的です。湯気が立ちやすいお風呂場でのクリーニングや、換気扇を使用した後の熱い湯気を利用して汚れを浸透させることができます。湯気によって換気扇の汚れが柔らかくなり、こすり落としやすくなります。

以上が、汚れを浸透させるための方法です。洗剤や熱を活用して汚れを柔らかくし、優しくこすって浮き上がらせることで、頑固な油汚れも効果的に取り除くことができます。換気扇クリーニングに取り組む際には、汚れを浸透させる方法を試してみてください。

分解能力のある洗剤

換気扇クリーニングにおいて、分解能力のある洗剤を使用することも効果的です。分解能力のある洗剤は、換気扇に付着した油や頑固な汚れを効果的に分解し、取り除くことができます。以下に分解能力のある洗剤の利点と使用方法を紹介します。

まず、分解能力のある洗剤を使う主な利点は、効率的な汚れの除去です。通常の洗剤よりも強力な洗浄力を持っているため、換気扇の油汚れや頑固な汚れに対しても効果的に働きます。換気扇の表面やフィルターに付いた頑固な油汚れを取り除く際に、分解能力のある洗剤を利用することで、効果的かつ手間をかけずに汚れを落とすことができます。

分解能力のある洗剤を使用する際には、使用方法に注意が必要です。まず、洗剤の取り扱い説明書をよく読み、指示に従って使用しましょう。必要な量や薄め方、使用する箇所といった情報が記載されていますので、正しく使うことが大切です。

洗剤を換気扇に適量つけたら、一定時間放置しておくと汚れが浸透しやすくなります。汚れが頑固な場合は、時間をおいてよく浸透させましょう。その後、スポンジやブラシを使って汚れを丁寧にこすることで、分解能力のある洗剤が効果的に汚れを分解し、取り除いてくれます。

ただし、洗剤の使用量には適度な注意が必要です。過剰な洗剤の使用は、換気扇の表面に残留物を残すことがありますので、使用量を守るようにしましょう。

分解能力のある洗剤は、換気扇クリーニングにおいて頑固な汚れや油汚れを効果的に除去するために役立ちます。ただし、素材や表面の耐久性を考慮し、洗剤を適切に使用することが重要です。使用方法を守りながら、分解能力のある洗剤を効果的に活用し、きれいで快適な換気扇を保ちましょう。

まとめ:換気扇クリーニングを楽しむ

換気扇クリーニングは手間がかかる作業ですが、清潔な換気扇で調理する喜びは何にも代えがたいものがあります。

定期的な換気扇クリーニングの重要性

定期的な換気扇クリーニングは非常に重要です。以下に、その重要性について詳しく説明します。

まず第一に、定期的な換気扇クリーニングは健康にとって重要です。換気扇は、調理中に発生する油煙や臭いを除去する役割を果たしています。しかし、換気扇に油やほこりなどの汚れが溜まっていると、効果的な換気ができず、室内の空気品質が悪化します。これにより、油煙や臭いが部屋の中にこもり、呼吸器系のトラブルやアレルギー症状を引き起こす可能性があります。定期的な換気扇クリーニングは、清潔な空気の確保と健康維持のために不可欠です。

さらに、定期的な換気扇クリーニングは調理の品質向上にもつながります。換気扇の汚れが溜まっていると、効率的な換気ができず、油煙や臭いが部屋中に広がってしまいます。これにより、料理のにおいや味に影響が出ることがあります。定期的なクリーニングによって換気効果を最大限に引き出し、快適な調理環境を実現することができます。

さらに、定期的な換気扇クリーニングは経済的な利益にもつながります。クリーニングを怠ると、換気扇の動作が鈍くなり、効率が低下します。結果として、電力消費量が増え、電気代の浪費につながる可能性があります。定期的なクリーニングによって換気扇の効率を維持し、経済的な節約ができます。

以上が、定期的な換気扇クリーニングの重要性です。健康維持や調理の品質向上、経済的な利益を享受するためには、定期的なクリーニングが欠かせません。換気扇クリーニングは手間がかかるかもしれませんが、その努力は健康と快適な環境を守るために必要なものです。

誰にでもできる換気扇クリーニング

この記事で紹介したように、換気扇クリーニングは誰にでもできるものです。手順を正確に守り、適切な道具や洗剤を使用することで、効果的なクリーニングが可能です。

自宅での換気扇クリーニングは手間がかかるかもしれませんが、それは取り組む価値がある作業です。まずは必要な道具を揃え、記事内で説明された手順に沿ってクリーニングを行いましょう。フィルターの取り外しや洗浄、本体や電気部分の清掃には、専門知識や高度な技術は必要ありません。正確に作業を行えば、誰でもクリーニングを実践することができます。

また、定期的な換気扇クリーニングに取り組むことで、経済的な利益も得られます。クリーニングによって換気扇の寿命を延ばし、効率的な動作と省エネ効果を保つことができます。また、プロのサービスを利用せずに自分でクリーニングを行うことで、コストを節約できるでしょう。

自分で換気扇クリーニングに取り組むことは、清潔な環境を維持し、健康や快適な調理環境を実現するためにも重要です。さらに、クリーニング作業に取り組むことは、自己満足感や自己成長の一環としても捉えることができます。手間をかける価値があり、自分でできる換気扇クリーニングをぜひ試してみてください。

記事中で紹介された手順やコツに従い、クリーニングに取り組むことで、換気扇の清潔さと効果を最大限に引き出しましょう。自分自身の作業でクリーンな環境を実現することは、生活の質を向上させる一環となります。ぜひ、換気扇クリーニングにチャレンジしてみてください。

合同会社美-one

合同会社美-one

空間を清潔で快適に変えることを使命とするハウスクリーニングを東京で行なっております。経験豊かな職人の高い技術により、ご満足いただける仕事を提供します。お客様の豊かなライフスタイルをサポートいたします。

合同会社美-one

〒193-0801

東京都八王子市川口町1758-8